お知らせ
2019年3月5日
3月13日(水)午前10時より後援会事務所開き
2019年3月3日
3月18日(月)午後6時30分から東みよし町役場にて県政報告

ご挨拶

元木あきお

皆様方の日頃からの温かいお力添えに対し、心からお礼申し上げます。県議会議員としての、3期12年の間、地元でお住まいの方々との対話を重ねながら、条例案の審議、本会議や委員会などでの質問等、様々な活動を行って参りました。我が国においては、交通・通信が便利になり、大交流時代を迎えつつあるなか、国土の均衡ある発展が重要な課題となっています。規制緩和を進め、労働力人口の確保、実質賃金を上昇させるための取り組みなど、国内外の動きを見通しながら的確な経済対策を実現し、新しい産業を創造することにより、本県ならではの技術を活用した成長の流れを国内外に波及させていくことが、今後の徳島の進むべき方向です。現在の地方は、次々と集落が消えている状況です。人口減少高齢化が進む徳島県の現状を踏まえ、県西部は、今や四国の中心地として、国内外の動きを見通しながら、新たな時代に対応した施策の推進が求められています。早急かつ的確な地方対策を実現できるように、まずは予算の面からしっかり実現させ、地方にお住まいの皆様が、暮らしの不安解消に向けた取り組みを進めていかなければなりません。私はこうした視点に立って、地元雇用の拡大と福祉・教育・医療・年金の充実発展などに謙虚に努力していきたいと決意を新たにしています。特に、障がいのある人もない人も共に暮らしやすいまちづくりとともに、子育て世代が将来に希望を持ちながら徳島に住み続け、若者が地元で家族形成できるように、仕事を創出し、子どもの教育力向上等により、定住人口を増やすための環境づくりが大切です。多世代が交流する共助コミュニティと、活力の創造に向け、必要とされる事業を的確に実施できるようにします。私の夢は、50年後、100年後においても、全ての世代の方々が、安心して安全に暮らし、それぞれの個性が輝く総活躍社会を実現することです。これまでの取り組みを振り返り、反省を重ねながら、諸問題の解決に全力で立ち向かうとともに、住民の方々のご意見、ご要望に十分耳を傾け、県民との心の通った県政実現に力を注いで参りたいと考えております。今後とも尚一層のご指導をよろしくお願いします。皆様のますますのご健康、ご多幸を祈念致します。

2019年3月吉日
徳島県議会議員 元木章生